随時募集-職種で選ぶ

看護師 看護師

看護部長ご挨拶

障害児者の看護は「看護の原点」が追及できます。

横浜医療福祉センター港南は、平成28年6月に新しくオープンした重症心身障害児者の施設です。旭区の横浜療育医療センターと同じ、福祉と医療が一体化した施設です。

重度の障害をもち長期の生活支援を必要とされる方、ご自宅で生活され短期間お預かりする方がいます。これらの方を利用者さんと呼びます。又、病院としての入院機能もあり、当センター主治医の患者さんを中心にお受けします。 利用者さんのほとんどは、言葉によるコミュニケーションは取れません。呼吸に障害があり、在宅呼吸器が必要な方もいらっしゃいます。利用者さんの日常生活は、看護師と生活支援員を中心に、医師・リハビリスタッフ・コメディカル等、協働しそれぞれの専門性を活かし支援しています。 利用者さんにじっくり向き合いサインを読み取り、チームで共有しケアに活かせた時、やりがいが生まれます。

看護とは「その人の生きる力(生命力)に力を貸すこと」という、看護の基礎となる、環境整備・保清・食事・日々の観察を通し、(利用者が)生命を維持し、その人らしい生活が送れる手助けをする事。その人を知り、 ケアに活かす。まさに看護の原点が実践できます。

外来は、重度の障害をお持ちの方と、発達障害の方も受診されます。 在宅支援は、居住棟での短期間のお預かり、入院・外来機能だけでなく、医療福祉相談室を拠点に、地域連携、地域支援の検討を行っています。

看護師の活躍の場は、居住棟、外来、医療福祉相談室です。看護師がそれぞれの持ち場で、利用者の個別性を考えた看護が展開できる。それが目標です。

西岡 日登美

看護部長挨拶

社会福祉法人十愛療育会のおすすめのポイント 社会福祉法人十愛療育会のおすすめのポイント

未経験者でも安心の教育体制が整っています!
1.未経験者でも安心の教育体制が整っています!

重心看護はほとんどの人が未経験から始めます。そのため1対1のプリセプター制度で、マニュアルに添った明確な指導がおこなわれています。横浜療育医療センターでは看護技術や知識だけでなく、福祉や介護なども勉強することが特徴です。
将来的にはさまざまな分野に精通した看護師が目指せます!

重心看護はほとんどの人が未経験から始めます:写真1
子育てナースを応援します!
2.子育てナースを応援します!

十愛療育会は、育児中の看護師を積極的に応援しています。時短勤務はもちろんのこと、日勤のみや夜勤の回数の相談ができるなど、 勤務体系はそれぞれの家庭事情に配慮してくれます。横浜療育医療センターでは病児保育施設が隣接していて安心です。子育て経験は重心看護にも活きてきます。「育児をしながらでも働いていける姿を“次の育児世代”に伝えていく」、そんな考え方が根付いている環境です。

横浜療育色湯センターは、育児中の看護師を積極的に応援しています:写真2

先輩看護師インタビュー

重要なのは私たちの観察力

看護師インタビュー写真1

看護課長 宮寺千華子

重心看護のやりがいはいろいろありますが、やはり利用者さんの反応です。重症度によっては、反応やサインを表出することが難しい方が多くいらっしゃいます。だから利用者さんが発したサインを見つけられたときは、大きな喜びとやりがいを感じます。
あらゆるスタッフが「利用者さんの代弁者になろう」という意識を持っています。みんなまじめで、責任感があって、とにかく明るい職場です!

子育てにありがたい環境です

看護師インタビュー写真2

港南看護師 山田奈津美

私はこちらで働きながら出産、育児をしています。子どもが小さいうちは日勤のみの時短勤務で16時までにしてもらっています。夜勤の回数を減らしている人もいますよ。
子どもが熱を出してお休みをいただくときもスムーズに対応してくださるので助かります。病児保育の利用もできますし、子育ての先輩が大勢いらっしゃって頼りになります!

女性看護師(新卒)

学生時代にここにボランティアで来たとき見た利用者さんのきらめくような笑顔の写真に 魅せられて、この笑顔が毎日みたいと思い入職しました。失敗の連続ですが、利用者さんの 笑顔がファイトのもとです。

男性看護師(勤務3年)

横浜という都市にいながらも静かな環境で利用者さん、スタッフ共に落ちついて過ごしています。重心施設というと看護師にはメジャーな分野ではありませんが、日々看護の必要性を感じ、勉強しながら毎日の職務に励んでいます。

女性看護師(勤務5年)

センターで結婚・出産を経て現在は2児の母です。仕事と育児の両立で毎日忙しくつらくなることも多々ありますが、育児中の方も多い職場なので、相談にのってもらったり、急な休みにも快く対応してもらい、周りの力に支えられながら、充実した日々を送っています。

女性看護師(勤務13年)

利用者さんの瞳・表情・しぐさ…。つらいときも、苦しいときも、楽しいときも、そばにいて「一緒にがんばろう、がんばって!」そんな心の声に支えられ、自分の生きる力をもらってきました。

就業条件

正看護師・準看護師/常勤

勤務時間 2交替制
日勤 8:30-17:00   夜勤 16:30-翌9:00
港南の勤務例
早出 7:15~15:45
日勤 8:30~17:00
遅出 11:45~20:15
夜勤 16:30~翌9:00
賞与 【2015年度実績】
4.15か月分(夏:2.0ヶ月、冬:2.15ヶ月)
初年度 夏期賞与支給額の2/6(4月採用の場合)
昇給 年1回
諸手当 夜勤手当:12,000円/1回
扶養手当(配偶者11,000円、子5,500円)
住宅手当(最大20,000円)(家賃額に応じて支給)
通勤手当(限度額55,000円/月)
その他変則勤務追加の可能性あり。
休日 4週8休(土・日)+祝日(※シフトにより振り替え)
年間休日127日(平成27年度)
休暇 夏期休暇(最大5日)、有給休暇、年末年始休暇(6日 )、年次有給休暇(初年度10日)、慶弔休暇、有給休暇、介護休暇、産前産後休暇
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度有(勤続1年以上)
奨学金制度

奨学生を募集します。下記要綱をご覧ください。

お問い合わせ  社会福祉法人十愛療育会 本部人事部主任 菊地 千鶴

TEL  045(830)5758

教育制度

採用時

■新入職員研修(法人全体3日~5日程度)

■各施設OJT(1年目は個別教育担当制による指導育成)

■外部研修制度あり(キャリアに応じて研修実施)

■オンデマンド研修あり

駐車場 マイカー通勤
横浜医療福祉センター港南は不可(子育て支援等で必要な場合は応相談)
横浜療育医療センター(旭区)は可
その他 寮あり
横浜療育医療センター・たっちほどがや  寮費 20000円(月)
横浜医療福祉センター港南 URかもめ団地借上げ(法人が家賃2/3負担するが上限は40000円)

求人情報を見る 求人情報を見る

ページの先頭へ戻る