支援
診療
支援
交流
生活
4部門のナヴィゲーション

相 談

総合相談窓口【医療福祉相談室 電話(直通)045(352)6891】

①相談受付

  • 当センターの提供する医療、福祉サービスについて
  • 当センターや他機関が提供するさまざまな福祉サービスについて
  • 病気や障害に起因する生活上の心配事について  など

②専門機関として

  • 当センターは横浜市より重症心身障害児者の専門相談機関(二次相談支援機関)として指定を受けています。
  • 各区福祉保健センター、地域活動ホームなどの関係機関と連携し、重症心身障害児者の方の相談支援を行っています。

③計画相談

※相談は無料です。

※相談受付は、月~金 9:00~17:00(年末年始、祝祭日を除く)

短期入所サービス

短期入所についての概要

  • 当センター短期入所のご利用に際して、18歳以上を対象とした障害福祉サービスの「療養介護」または児童を対象にした「医療型児童入所施設」の利用受給が必要です。 また医療法に基づく「病院」としての機能も備えています。
  • 短期入所対象の方
    原則、5歳以上の方で、重症心身障害児者(医療・常時介護を必要とする方、障害支援区分が5または6)の方が対象となります。

【1】予定入所までの流れと手続き

利用相談・申し込み
○短期入所を希望する方は、まずは、医療福祉相談室に、ご相談ください。
〇再利用の方は、045(352)6557・FAXやホームページからの申し込みできます。
事前外来・利用決定
○利用前に外来診察が必要です。その後、利用方法などについて検討します。
受給の手続き
○お住いの区役所で、受給者証の申請をして支給を受けてください。
入所説明、事前準備(初回または数年ぶりの利用の方などを対象に行っています)
○担当の相談員が窓口となり、入所に向けた準備を進めます。
○医療面での確認やご家族が希望する場合、日中預かりの体験もあります。
入所日決定・連絡事項
○初回および体験の場合は、ご家族と相談の上、入所日を決定します。
○再利用の場合は、利用期間のご連絡は、利用前月の上旬までお知らせします。
入所当日・契約
○入所当日は、10時までに「2F外来受付」にお越しください。
※保険証・医療証・受給者証を提出して下さい。
※住所変更、有効期間などの変更がある場合は、その都度2F受付に お申し出ください。
○初回入所および受給の更新毎に、契約・事務手続きなどで時間を要します。
※契約の際は(シャチハタ不可)

【2】緊急入所について

  • 予約・申し込み期間が終了した後に、急用などで緊急入所を希望される場合は 下記の申し込み方法となります。
平日受付時間内の場合
○直接、医療福祉相談室に、ご連絡下さい。
※各区への申し込み可能な期間および時間内であれば、区への申し込みをご案内します。
土・日休日(9時から17時)の場合
○相談窓口は、お住いの区にある、法人型地域活動ホームとなります。
※休日中の緊急入所を希望される場合は、先ずは、地域活動ホームにご連絡下さい。
○地域活動ホームから当センター担当スタッフに、連絡があります。
※空床確認後、地域活動ホームまたは当センター担当者から、折り返しご連連絡いたします。

利用者・ご家族に連絡がつき次第、緊急入所となります

【3】入所中の生活について

1日の過ごし方

5:30 点灯 起床、モーニングケア
6:00 注入
7:30 朝食
9:00 医療処置、着替え・身支度等
9:30
 ~11:00
個別活動、日中活動、入浴
11:30 注入
12:00 昼食
13:30 個別活動、日中活動
15:00 注入 間食(小児以外は希望者のみ)
16:30 着替え
17:30 夕食、注入
20:00 注入
21:00 消灯

※状況により多少前後することがあります。
※排泄などの、個別のケアは適宜行います。

日中活動について

短期入所中に、長期利用者の方と一緒の活動プログラムへの参加ができます。
参加の頻度は、入所中1回程度で、事前に予定させて頂きます。ご了承下さい。

活動プログラム例)
おしゃれ、アロマ、調理、創作、スヌーズレン、スポーツ、シアター楽器演奏、 音楽鑑賞、ゲーム、ボーリング、地域交流、通所との交流活動等

主な年間行事予定  (*は、センター行事)

 1月 初詣 *成人式
 2月 節分豆まき
 3月 お花見
 8月 夏祭り
10月 *ほのぼの祭
(地域住民や近隣施設の方等を招き、賑やかに開催されます。)
11月 ハロウィン
12月 クリスマス会
*棟ごとに開催しています。

当センターで準備する物品

  1. 入所に際して、施設管理上の理由から、物品の持ち込みを必要最小限にさせて頂いております。
  2. ご本人様の状態や体形に合わせて、衣類、靴下、紙おむつ、体位変換枕、タオル類その他必要な日用品を準備しておりますので ご了承下さい。
    ※個別に持ち込みを希望する場合は、事前にご相談下さい。
  3. 間食、補助食品などを希望する場合は、別途自己負担となります。 但し小児食の方には、自己負担なしで間食が付きます。
    ※別紙②「間食・補助食品実費請求一覧表」をご参照ください。
  4. 当センターでは、基準寝具を使用しています。シーツ・カバー類・上掛けキルト布団は、週1回定期交換と汚染時適宜交換を行います。

食事について

  1. 食事は、医師の指示によりご用意します。
    ※食事の種類や補助食品(自己負担)、間食(おやつ)の提供についてセンター内の規定があります。 ご希望の方は、担当医師または棟担当スタッフにお申し出ください。
  2. アレルギーを起こす食品や医師・薬剤師から摂取を控えるように言われている食品がある場合は、 代替え食品をご用意しておりますのでご確認ください。
  3. はし、スプーン、注入用品などは、施設で準備します。施設にない特別な物品を使用する場合は、棟担当スタッフにご相談ください。
  4. 飲み物や食物の持ち込みは、原則として禁止しております。管理上の問題から、施設にあるものに代えさせて頂いております。 その他に、個別に希望される方は、入所前に医療福祉相談室までご相談下さい。

入浴について

  1. 当センターでは、各棟に特殊浴槽(機械浴槽とシャワー浴槽)を常設しています。 ご本人の体調や状態を見ながら、良い方法で実施しております。
  2. 入浴頻度は、週2回から3回となっており、ご本人の体調や棟によって異なる場合がありますのでご了承ください。

日用品について

  1. 電化製品(DVD・ラジカセ・携帯音楽プレイヤーなど)は、施設でも多少の常備があります。 持参する場合、個人用の棚に収納可能な大きさの機器にして下さい。
  2. 持ち込み品の破損や紛失については、責任を負いかねますのでご了承ください。 ただしスタッフの不注意による場合は、ご相談の上、弁償させて頂きます。
  3. 貴重品、現金、施設内での管理が難しい高価な物品の持ち込みは、原則禁止としています。 ご希望がある場合は、事前にご相談下さい。
  4. おもちゃ、クッションなどの持ち込みを希望される場合、入所中の洗濯などの対応が出来ませんので、ご了承ください。

外出・外泊について

  1. 敷地外へ、外出・外泊を希望する場合は、「外出・外泊届」が必要になりますので、棟スタッフにご相談ください。
  2. ご家族以外の第3者による付き添いで、外出する場合は、別途手続きが必要です。入所前に、医療福祉相談室に申し出をお願いします。

入所時の持ち物

  1. 下記の、持参物品表を参考にして、入所当日の持ち物をご準備ください。
    1. 入所時に、2F外来受付に以下の書類を提出して手続きが必要です。
      □診察券  □健康保険証、 □医療証  □受給者証  
      □生活情報連絡票
    2. 初回時・または契約更改時の手続きを行う時に以下のものが必要です。
      □身体障害者手帳 □療育手帳(愛の手帳) 
      □印鑑(シャチハタ不可) □ご本人名義の口座番号がわかるもの
  2. 入所時に、相談員と棟担当スタッフが、2Fまでお迎えに伺います。
    手続きや持ち込み物品について、不明の点やお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。
  3. 棟で職員と一緒に確認する物品
区分 物 品 名



①内服薬などの常用薬(お薬手帳、説明書も一緒にご持参ください)
※入所日数分+予備2日分程度
②栄養チューブ(予備分)
③胃ろう接続チューブ(予備分)
④栄養注入用ポンプ(使用中の物一式)
⑤気管カニューレ・下咽頭チューブ類(予備分)
⑥人工呼吸器(使用中の物)と予備回路・消耗品(予備分)
⑦在宅酸素消耗品のみ(予備分)



⑧車いす・バギーなど(施設で使用する物)
⑨自助具・装具(必要な方)
⑩靴(保護用の靴も含む)
⑪爪切り(必要な方)
⑫ヘアブラシ・ヘアピン・ヘアゴムなど(必要な方)
⑬ひげそり・電気カミソリ(必要な方)

 
 
 
 
※数量については目安ですのでご不明なことがあれば、医療福祉相談室までお問い合わせ下さい。

面会について

  1. 面会時間;午前10時から午後8時です。
  2. 1F事務所前受付で、面会票を記入後、面会者用の名札をつけ、棟にお入り下さい。
  3. 棟では、スタッフステーションにお声掛けをしてからの面会をお願いします。
  4. 棟内での感染症発生時など、面会を制限する場合があります。
  5. 小学生以下のお子さまの面会は、原則お断りしています。
    希望される場合は、事前にご相談下さい。
  6. 面会の方の、居室内での飲食はご遠慮ください。

利用料のお支払いについて

  1. 利用料の自己負担金は、窓口または所定の口座より3か月後の振り込みとなります。
    ※利用料についての、お問い合わせは、1F事務担当者までお願いします。

相談窓口について

  1. 入所中の医療については、棟担当看護師または担当医師にご相談ください。
  2. 2F医療福祉相談室では、医療・福祉サービスに関する様々なご相談に応じております。
    お気軽に2F医療福祉相談室にお越しください。

全面禁煙について

  • センター敷地内は、全面禁煙となっています。

日中一時支援

在宅の重症心身障害児者を対象とした日帰り施設利用です。主に家族や介護者の用事などの際にご利用ください。

※初めて利用される方は、事前に外来受診が必要です。まずは医療福祉相談室にご相談ください。

対象児者

  • 日中一時支援の支給決定を受けている方が対象です。

利用できる日・時間

  • 月~金曜日の午前9時~午後17時(祝祭日・年末年始・当センターの行事日を除きます)

申し込み方法

  • 利用希望日前月の同日~希望日1週間前の月曜日まで受付ます。(平日のみ)
  • 受付け時間 : 8:30~17:00
  • 受付け方法 :045-352-6557
        電話予約または、直接医療福祉相談室にお越しください。
    ※初めて利用される方は、予約前に一度医療福祉相談室にご相談ください。

利用決定の連絡

  • 申込日の翌週にお返事します。
  • 申し込み多数の場合は、利用調整させていただく場合もありますのでご了承ください。
  • 日中一時支援の支給をまだ受けていない方は、福祉保健センター(区役所内)に申請してください。
    (支給期間、支給量は受給者証に記載してあります)

利用当日の持ち物

  • 受給者証、受給者手帳、保険証、医療証、診察券
  • 生活情報連絡票
    (事前にご記入の上お持ちください。用紙は医療福祉相談室に用意してあります。)
  • 利用日に必要な薬
    (予備を含めてお持ち下さい。薬袋ひとつずつに氏名と薬名を記入してきてください。)
  • 軟膏、点眼、点耳、点鼻等
    (利用時間内に使用する方は持参して下さい。)
  • 歯ブラシ
  • 着替え一組
  • オムツ必要数
  • その他利用される方に必要なもの
    *衛生材料・医療機器(必要な方)
  • 経鼻経管栄養チューブ、胃瘻接続チューブ(予備含む)
  • カニューレ、下咽頭チューブ(予備含む)
  • 注入用ポンプ
*タオル、注入栄養剤、イルリガートル、吸引チューブ、 導尿カテーテルは施設で用意しています。

当日の流れ

  • 朝のお熱を測ってきてください。
  • 朝の着替えのときに、全身の皮膚状態を見てきてください。
    (湿疹や赤み、傷などないか)
  • 利用開始時間10分前に外来受付で手続きを行なってください。
    ・保険証 医療証 診察券 受給者証の提示 サイン(契約)生活情報連絡票提出
    ・検温
  • 利用フロアの職員が迎えに行きます。お迎えのときは、直接利用フロア―にお越しください。

費用・お支払い方法について

  • 利用者負担(原則1割)と食費が必要です。
  • 注入物が経管栄養剤として処方されている方は、食費はかかりません。
  • お支払いは、利用した月の翌々月以降に請求書をお送りしますので、それに従いお支払いください。
1割負担 4時間未満 208円
4時間以上8時間未満 416円
(8時間以上) 624円
食 費 昼食代 360円
 おやつ代 60円

その他

センター内において感染症が流行した場合、日中一時支援事業を縮小または一時休止させていただく場合があります。 また、ご本人が感染している場合や感染者と濃厚接触があった場合はご利用できませんのでご了解下さい。

不明な点は、医療福祉相談室までお問い合わせください。

045(352)6891(医療福祉相談室直通電話・FAX共通)

福祉サービスのご案内

当センターでは、主に重症心身障害児者の在宅生活に関するさまざまな社会福祉事業を行っておりますので、幅広くご活用下さい。

通所(指定生活介護事業)

横浜市内在住の、主に18歳以上の重症心身障害者の方が対象です。介護スタッフと医療職(医師、看護師、リハビリテーション)が協力して、運動機能等の低下防止、地域生活活動訓練、健康維持のために必要な医療処置、日中活動支援等を行っています。

  • 登録制で一日の利用定員は20名です。
  • 月~金曜日(祭日及び年末年始休業) 10:00~15:30(送迎時間は含まず)
  • 主な支援内容は、地域交流、グループ活動、一人一人が希望する余暇活動を中心に、送迎、入浴、給食、日中一時支援(9:00~18:30)などを行っています。

ヘルパーステーション まいはーと

ヘルパーステーション まいはーとでは、障害者総合支援法に基づく居宅介護・移動支援サービスと、独自の自費(有料)サービスを提供しています。


訪問看護ステーション えーる

訪問看護ステーション えーるでは、病気や障がいのある方が住み慣れた地域やご家庭で、 その人らしい生活が過ごせるよう、エール(Yell)を送り続け、大きい輪で包み込むような思いを持って、 皆さまを支えていきます。また、医師や関係機関と連携して生活をサポートします。


診療時間のご案内

外来受付時間

午前9時~午後4時

外来診療時間

午前9時30分~午後5時

予約受付

045-352-6892

交通のご案内

相鉄線和田町駅より

相鉄バス(浜19)
「県公社住宅前」下車 徒歩2分

相鉄線二俣川駅南口より

相鉄バス(旭6)
「左近山第6」下車 徒歩6分

JR 東戸塚駅西口より

「新桜ヶ丘保育園」下車 徒歩5分

お問合せ

お電話:045(352)6551(代表)

FAX:045(352)9241

 

ページの先頭へ戻る